除毛剤、ムーモの副作用気になる成分や口コミを徹底調査!

ムーモって肌荒れとかの危険性はどうなんだろう?!ムーモをこれから購入される方や既に購入済みの方、必見です。

↓今なら86%off♪↓

ムーモの副作用が危険って言われているわけは?

ムーモは男女ともに大人気で、在庫切れになることも頻繁にあります。

しかし、ムーモを使った方の中には、少しピリッとした刺激があるとか、かゆみが出たという意見もみられたからです。

ムーモを購入した大半の方は、刺激がなく、肌への浸透率の高さや、フランス産ラベンダーの香りが心地良くて、除毛する際に痛みの不安を軽減させてくれるといった好意的な声もみられます。

ムーモには刺激を引き起こすような成分が含まれているとは思えませんが、気になりますよね。

そこで、次はムーモの安全性と成分についてピックアップしていきましょう。

ムーモの安全性は?ムーモの気になる成分

ムーモの副作用が心配される成分1 チオグリコール酸カルシウム

チオグリコール酸カルシウムは、とても強い除毛効果を促進する作用が働きます。

アルカリ性で、この成分が肌に入り込むことにとって、肌の表面に出ている毛を取り除いてくれます。

さらに、厚生労働省が認めた「医薬部外品」の指定成分の1種です。

除毛クリームやパーマ剤によく使われることがありますね。

これによって、反り残しがないようなエステ感覚の赤ちゃん肌に生まれ変われちゃいます。

チオグリコール酸カルシウムは、毛のたんぱく質を溶解・切断していきます。

ここで注意してほしいのは、チオグリコール酸カルシウムに認められる効果はあくまでも除毛オンリー。

肌のたんぱく質を切断や溶解する作用によって、稀なことですが、肌荒れする人もなかにはいます。

しかし、個人差がありますので、必ずしもチオグリコール酸カルシウムが成分に含まれているからといって肌トラブルを呼ぶことはありません。

ムーモの副作用が心配される成分2 水酸化カリウム

水酸化カリウムは水酸化ナトリウムと同じように除毛にかかせない有効成分です。

強いアルカリ剤なので、チオグリコール酸カルシウムの働きを水酸化ナトリウムとともにフォローアップしていきます。

水酸化カリウムは、できるだけお肌への刺激を和らげてくれる作用があるので、副作用の心配はありません。

その証拠に石鹸やシャンプーの成分、薬用はみがき粉にも使われていますので安心してくださいね。

お肌は弱酸性で敏感肌でない人も、少し刺激がないか確かめることをパッチテストをおこなうことをおすすめします。

ムーモの副作用が心配される成分3 水酸化ナトリウム

水酸化カリウムと同じく、チオグリコール酸カルシウムの除毛作用を促す働きを手助けします。

水酸化ナトリウムは、常温だとナトリウムイオンと水酸化物イオンから構成される結晶で、水酸化イオンを放出。

強いアルカリ性の成分です。

こちらも除毛剤によく配合されていることが知られています。

アルカリ性成分で、保湿効果除毛効果アップ!

副作用については特になく、水酸化カリウムと同様、敏感肌の方にも優しい弱酸性になります。

ムーモは敏感肌でも使えるの?

結論から申し上げますと、使えます。

公式サイトでも、敏感肌の方にもご使用可能ですが、パッチテストなどをおこなってから使うことをムーモの開発および販売元の、ヘルスアップも推薦していますね。

高級シアバターの肌への優しさや、大豆エキスしそエキスによる潤い効果を維持するメリットもあります。

ムーモの副作用の口コミを徹底調査

Aさん 3本目突入!夫婦で愛用!

剛毛の旦那に使おうと買いましたが、あまりの便利さに私が使っています。3本目です。
私の場合は、お風呂に入って一番最初の体が乾いた状態で腕とあしにチューブからそのままチューっとつけて、使い捨てのプラスチックスプーンでまんべんなく広げます。スマホで2曲くらいカラオケしたら(約10分のめやす)、シャワーで洗い流して終了。肌荒れがこわいので除毛した日は体は洗わないようにしています。
これでカミソリや毛抜きを使うより、そり残しなく肌もカサカサしないので、気に入っています。1週間に1度週末の習慣にしていますが、毛深くない人はもっと頻度が少なくても大丈夫だと思います。ちなみに剛毛の旦那も広告みたいにツルツルになりました笑。
特有の匂いはしますが、ラベンダーの香りと合わさって、嫌な感じは少ないと思います。

肌に使いやすく、乾燥もしないというAさん。

副作用については大きな心配はいりませんね。

夫婦でムーモを愛用して3本目の購入!リピーター率が高めなのがムーモの良いところではないでしょうか。

Bさん 使用中の液だれ対処方法を教えて!

塗布しているときに液ダレする

使用中の液だれについて困っているという声がありました。

ムダ毛の隠れるくらいの量を塗れば、液だれは防げます。

もしかしたらBさんは、ムーモの高い効能性を今か今かと期待して一回に使う量を多く摂りすぎた可能性がありますね。

ムーモはたっぷり120グラムも入っていますが、公式サイトならではの限定脱毛剤ですので、コツコツ節約するみたいな感じで、一回の分量の目安を考えて使うことをおすすめします。

Cさん 問題なく使えました!

VIOと脇だけは何とも無かったです。

ムーモはVIOに使用することは、ムーモ公式サイトでもおすすめしないとあります。

それは、ムーモに使われている成分、チオグリコール酸カルシウムの効能性が強いので、人に寄りますが、お肌に少し刺激を与えるかもしれないからです。

ムーモを使用する際の箇所は以下通りです。

  • お腹
  • へそ周り
  • へそ下
  • 両脇
  • 両肘の上部分
  • 両肘の下部分
  • 両手の甲や指
  • 両ひざ
  • 襟足
  • 背中

ムーモには購入した際に取扱説明書もありますので、初めて購入された方も、2回目以降の購入時も確認することをおすすめします。

2回目以降でも、以前、使ったことがあって、使いこなせる!と思わないようにすることが大切ですね。

ムーモを使う前にパッチテストを行うのも解決策です。

ムーモの開発と販売元のヘルスアップも、ムーモはお子さんの肌にも、敏感肌な大人のかたにも使えるけれど、パッチテストを自分で試したり、医師の相談をおこなったほうがいいとすすめているからです。

使って良い箇所、自分の肌がムーモを試す以前に、他社の除毛剤を使っていてそんなに大きくなトラブルではないにせよ、少し肌に刺激反応があった経験をされたかたは、ムーモの内容をきちんと確認してから使ってください。

Dさん 綺麗に落とせる!

きれいに落とすことができる除毛クリーム

除毛クリームを選ぶときは香りと除毛力で決めるようにしているのですが、その両方を兼ね備えている除毛クリームですよ。香りも主張しすぎないので、塗っているときに不快感はありません。除毛クリームの中にはキツイ香りがするのも多いのですが、そのようなことは一切ありませんでした。肝心の除毛に関しても、気になるところはしっかりと落とすことができたので大満足です。誰にでもおすすめすることができる除毛クリームだと思いました。

Dさんはムーモの使用後の肌への反応に満足していることが伝わりますね。

ムーモ独自のラベンダーの香りについての好意的な意見や、除毛したい部分をピンポイントで抑えてくれる効果に喜びの声が!

これは今すぐムーモの公式サイトにアクセスしたくなりますよね。

ムーモの副作用の口コミまとめ

  • ムーモの副作用について、赤み、液だれ、ひりひりした感覚を感じたかたもいましたが、反応が起きてすぐに皮膚科を受診したり、ぬるま湯で洗い流すなど自分にすぐできる対策を!
  • ムーモは、チオグリコール酸カルシウムの作用が人によってはお肌にやや刺激性になるかたもいます。
  • 特に大きなトラブルはありませんが、塗る前に取扱説明書や公式サイトで塗布可能箇所を確認することが副作用を防げる近道になります。
  • ムーモの副作用を防ぐなら、パッチテストや、ムーモを持って行って、医師に相談してから使うことをおすすめします。

ムーモを副作用や危険なく安全に使うためには?

ムーモを副作用や危険なく、安全性に使うには、手元にムーモが届いてから即座に肌に塗らないことです。

ムーモの取扱説明書を確認したり、ムーモの塗って良い箇所を公式サイトで見るなどして使用前の予備知識を得て下さい。

また、パッチテストを自分でおこなったり、医師にムーモを持っていって相談してみるのもおすすめです。

ムーモで大きな肌トラブルが起きることは滅多にありませんが、もしも起きた場合は、すぐに皮膚科を受診したり、使用期間を空けて落ち着いてから再使用を試みてください。

ムーモの配合成分、チオグリコール酸カルシウムは厚生労働省によって医薬部外品に指定された成分ですので、安心して使える面もありますよ。

水酸化カリウムと水酸化カリウムもチオグリコール酸カルシウムの除毛作用を促進させますが、シャンプーや薬用歯磨き粉にも使われている有効成分なところもメリットです。

さぁ、あなたも今すぐ、ムーモの公式サイトへ急ぎましょう!

↓980円でスベスベ肌♪↓